電子地図で教育を豊かにする -Enrich Education Using Digital Maps-

プロジェクト

地図教材コンテスト

1.地図教材コンテスト

電子地図教材コンテンツの普及を目的として、優良なデジタル地図教材を表彰するためのコンテストとして開催しております。

2.教材共有プラットフォーム OpenTextMap

伊能社中では中学校・高校の社会科教師が通常の授業でデジタルマップを活用できるようにするため、勢力図や気候区分図,植生図など汎用性が高く、重要度の高い教材の作成・共有を行っております。教材共有サイトで、地図教材をダウンロードしてお使いいただけます。

スクリーンショット 2013-04-23 0.57.06
IMG_1085

3.教材制作ワークショップ

一つのテーマに沿って参加者でチームで教材制作を行い、一つの教材をつくりあげていきます。

4.アーカイブ教材開発

本プロジェクトでは中学生・高校生が地域の情報発信の担い手となり、地域コミュニティの形成・住民発オープンデータの普及を推進しています。中学校・高校の総合学習の時間を用いて地域フィールドワークによる体験学習・アーカイブ開発を実施しています。中部大学との共同研究として行っています。

archive_template
workshop

5.教師向け研修会

授業でデジタル地図教材を活用できるようになることを目的として、電子地図教材制作を演習形式で学んでいきます。研修会ご希望の場合は、お問い合わせください。

導入実績: 日本橋女学館高校、新庄高校(広島)、慶應女子高校、福島教育センター、文系教科研究会(社会科)、全国中学校地理教育研究会、京都橘高校、国土交通省 等多数

6.すごい災害訓練DECO

災害時に主体的に判断・行動できる能力が必要とされて います。DECOでは、防災・減災に対する関心を高め、被 災時に自ら考え、自助・共助を実践できる力を身に付けさ せることを目標として、各自治体の教育と防災の専門家は もちろん、登山医や山岳ガイドの専門家、防災の専門家、 デジタルマップを使った教育・研究の専門家、ITの専門家 など、様々な分野の第一線の専門家が集まり開発した総合 型防災プログラムです。阪神淡路大震災以後、減災という 概念が登場しました。災害による被害をなくすのではなく、最小限に抑えることを主眼においた概念です。そのためにDECOではリーダーシップについても学びます。

 スクリーンショット 2016-04-18 11.13.21
 スクリーンショット 2016-02-22 14.13.50

7.福知山市における水害・防災アーカイブ開発

京都・福知山成美高校の高校生たちと地域の情報やリソースをデジタルアース上にまとめアーカイブを開発しました。持続的に地域の情報をまとめ発信する体制づくりとその中で生まれるコミュニケーション、さらにそこから新しい防災グッズの開発まで、いままでの社会科の枠を超えた新しい学習スタイルを提供しています。