電子地図で教育を豊かにする -Enrich Education Using Digital Maps-

企画セッション(7):学校教育におけるGIS教材の共有化
10月26日(土)11:20-13:00 / 会場B (512教室)
オーガナイザー:酒井 高正

【第1部】「2013年度初等中等教育におけるGISを活用した授業に係る優良事例」表彰式 受賞者
本学会が主催し教育委員会の責任において審査を行う上記の表彰事業について、「国土交通大臣賞」、「地理情報システム学会賞」、「毎日新聞社賞」の受賞者を招き、表彰式を執り行う。

【第2部】優良事例の発表会
GISを活用した授業を実践している事例について上記の各賞を受賞された教員の方々から、その内容をご紹介いただき、他の学校での実践の可能性等について探る。

【第3部】GIS教材の共有化に関する小シンポジウム
各地で様々なの関係者によって取り組まれている学校教におけるGISを活用する実践については、情報を共有し連携を深めていくことが必要である。ここでは、GISを活用した教材の共有化をテーマに、小シンポジウムを行う。パネリストにはNPO「伊能社中」、GIS教育フォーラム関係者などを予定している。
・大島 英幹 「教育GISフォーラムによるGIS教材データの共有化」
・尾崎正志、田村賢哉 「OpenTextMapで誰でも使える教材の共有と伊能社中の活動」